みかみちゃんねる
毎日何か楽しみを見つけないとストレスがやばい

MH2最後の戦い

2006/06/10(Sat) 23:30

▼遅ればせながら、MH2の最後の動画をうpします。
最後の相手になったのはラージャン!
黒龍とかは強過ぎるしあまり会える相手でもないから
戦えなくてもまぁいいかなぁと諦めはつくんですけど
わりと身近にいるこいつだけは倒しておかないとやめられませんでした。

以前は300以下だった防御力も今では350前後に!
これならいい勝負ができるはず。


▼やっぱりここまで防御力が上がると違いますね。
一撃喰らえば回復薬グレート必須だった被ダメも
普通の回復薬で間に合うぐらいになってました。
…それでも発狂状態のダメージは相変わらずでかい(;´Д`)

何度か戦い慣れたので角破壊と尻尾破壊を狙ってみるものの
なかなかうまくいきません。
尻尾は発狂中じゃないと切れないとか?氷属性の大剣ほしい…。
それに戦い慣れたと言っても、やっぱりあれだけ攻撃性が強いと怖いですw
でも他にはあまりいないタイプだからおもしろい。


▼発狂中はあまり手を出さないようにしようってことになりました。
隙の大きい攻撃後に手を出すぐらい。
ディアブロスのようにHPが多い相手ではないのでこれでもそんなに時間かかりません。

HPが多くないというより、むしろ少ないような感じがする。
何度か捕獲に挑戦したことがあるのですが
弱っているのかどうか判断し辛く「まだ瀕死じゃないのか?」と思って
攻撃し続けていると「あれ!?」って倒してしまうことが結構ありました。

これはもっと経験積んで判断できるようにならないとね。


▼というわけで、自分にとってのラスボスとなりましたラージャン戦。
特別(?)に15分と長めの動画です。


≫発狂直後のこの間が一番怖い! 15分47秒 / 59.7MB
配信終了しました。

今作でも黒龍は倒せなかった…

2006/05/27(Sat) 19:18

▼最近はあまりMH2やってないので日記にも書くことが無くなってきました。
正直、そろそろ飽きてきたところなので
今月いっぱいで課金停止するつもりです。

プレイ時間は300時間ちょっとになりました。
MHGでは200時間ぐらいいってたので1.5倍ぐらい長くやったなぁ。


▼やっぱり長く続けてある程度武具が強くなってくると
さらに上位の素材を求めるようになるわけで
序盤ではほしいものがわりと簡単に手に入っていたけど、だんだんそれが難しくなってくる。
そうなると同じモンスターを繰り返し狩る、ということになって
それが飽きに繋がってきたようです。

さらに悪いことに
「上位モンスターを倒してるのに下位の素材しか入手できんかった!」
「ってか上位で下位の素材出るなよ!!」
という状況も多々ある。

上位クエストになれば一撃で生死を分けるような戦い。
必死で倒したのに報酬がゴミばっかり→報われない→イライラorやる気ダウン。
これも飽きてくる原因かと思う。


▼報酬が運次第なのは仕方ないとしてももう少しなんとかならないものか。
このゲームの一番好きなところは
Lvの概念がないので強いのも弱いのもプレイヤー自身の腕次第。
それなら、プレイヤーのやり方次第では素材が入手し易くなってもいいのでは!

現状でも部位破壊や捕獲等でプレイヤーのスキルが試されるところはあるけど
その結果入手確立が上がっているかどうかはあまり感じられない。

例えば、特定の武器で倒せば逆鱗が出やすいとか
クエストをクリアした時間に寄って報酬が変化するとか、もっと活用できる筈。
せめて同じモンスターを狩り続ければ
レアアイテムの確立が上がっていくとかしてほしかった。

次回作ではただの「延命措置」ではなく
「飽きにくさ」を改善してくれることを祈ってます。


▼いくつか公開したい動画が残ってるけど
諸々の事情でまたしばらくサーバーを利用できないので動画をうpできません。
しかもいつ頃復旧できるかちょっとわかりません(;´Д`)

忘れた頃にうpできるかも。


▼来月からFF11に行っちゃうつもりです。
以前にもFF11に行こうかどうしようか激しく迷ったことがあったけど、今度はマジ!
どうやら『アトルガンの秘宝』がきてからかなり良くなったらしいのです。

折角HDD持ってることですし、使わないと損!
それにWMが1500円ほど余ってたので2ヶ月は無料の気分でできますw

金獅子

2006/04/23(Sun) 20:54

来月のイベントクエスト情報が公開されましたね。
気になるのが5月6日(土)~5月7日(日)の
参加資格が『HR51~+【まぼろしの書物】所持』というクエスト。
HR51に出来るかも怪しいがまぼろしの書物ってなんだろう。

公式の情報によると
古龍の書、伝説の書、終焉の書の三冊のことらしい。

終焉の書は以前、クシャルダオラが街に襲撃に来たときにたまたま入手。
古龍の書はヤマツカミ討伐の報酬で入手。
問題は伝説の書。

どうやら金獅子と言われるラージャン討伐の報酬でもらえるようなのですが…。

超攻撃的な牙獣種であるとか
目撃例が少ないのはその姿を見て生き延びた者がほとんどいないからとか
かなりの強敵のようなのでまだ一度も討伐に向かったことがない。

しかし伝説の書が必要になったからにはやつを倒さなければ!


▼今回はひらりんとたいちょの3人で行くことになった。

たいちょの情報によるとラージャンには氷属性が有効らしい。
だが相変わらず氷属性の武器は持っていない。困った。
そこで予てから“弱点属性の武器がない時の用の武器”として
考えてあった毒属性のクロームレイザーを作ることにした。
こんなときのために逆鱗を取っておいてよかった!

素材とお金も足りないのでさらに強化できないのが残念。
それでも攻撃力816で毒320、緑ゲージもそれなりに長いので頼りになりそう。

あとは念のために秘薬を持っていざ雪山へ。


▼初めてラージャンの存在を知ったときは
まぁ牙獣種ということだからドドブランゴの色違い程度で
あとは単純に攻撃力を上げただけだろうと思ってたものです。

実際はどんなモンスターなのかわくわくしながらラージャンを探す。
そして仲間から発見の合図が!

雪山に目立ちすぎるその黒い巨体。
「やっぱりただの色違いか…」
と思ったけどそんな考えはすぐに吹っ飛んだ!
動きは多少同じようなところがあるけど、攻撃方法がまるで違う。

なんだあいつ!?
見事に予想を裏切ってくれた!

少し嬉しく思いながらも、ヤツに斬りかかる。
どこを斬ってもわりとクリティカルヒットするようです。
これならMHGでの金銀のように倒しやすい相手かも…。

しかししばらく攻撃を続けていると咆哮と共にラージャンの姿が一変!
動きも速くなって攻撃力はとんでもないことに!

迂闊にも一撃喰らってしまい、その一撃で瀕死…。

回復薬Gで回復しようかと思ったけどダメージがでかすぎる。
まさか死んでもないのに秘薬を使うことになるとはな!


▼あと1死で失敗というやばい状況まで追い込まれた。

クエスト開始からわずか10分で。

初見のモンスターと言えどもこれは屈辱的だ。
こんな強い相手はグラビモス亜種以来。

そんな戦いの中、一瞬の油断をしてしまった。
防御できる武器だと回避よりも優先的に
無意識に防御してしまうことがあるんです。
今までの戦闘でそれが“防御できない攻撃”であると
脳に強く記憶されていればこの優先順位はすぐ変更できる。

でもさすがに戦い始めて10分の相手にはそれが適用できなかった!

密着中に急にこっちを向いたラージャン。

そして素早く頭を振り上げて何かの攻撃をしかけてくる!
咄嗟に危険だと判断して防御!
と同時に脳裏によぎるあのレーザー攻撃―
「まさか!?」

頭の中でこの4行が1秒ぐらいで処理されてました。


▼普段なら失敗したクエストはかっこ悪いので公開しません。
でも実際に戦闘しながらよりも
動画から落ちついてモンスターの動きを分析するのはかなり有効な手段だと思うので
恥ずかしながら公開してみます。

とりあえずあの圧倒的な攻撃力によるダメージを少しでも減らすために
防御を強化しないと。
そのためには上位のテオの素材が必要です…。

こっちもなかなかヘヴィだな(;´Д`)


▼それにしても最近はちょっとマンネリ気味だと思ってたので
打倒ラージャンという目標が出来たのは良かったです。


≫聖書に出てくるベヒーモスのようだ… 9分08秒 / 34.9MB
配信終了しました。

小さい方がたぶん雌

2006/04/21(Fri) 22:10

▼先週だったか、街にクシャルが来たときに錆びた甲殻を集めて
やっとラスティクレイモアを作ることができました。

見た目が洋剣の太刀で一目惚れ。
でも今まで錆びた甲殻が足りなくてずっとお預けだったのです。
そしてそのまま一気に最後まで強化。
約27万z吹っ飛んだ_| ̄|○

見た目だけじゃなくて
攻撃力864、防御+14で会心率も10%あるので実用向けです。

他に見た目が洋剣の太刀と言えば
太古の板状の塊から作れるガーディアンソードもあります。
こっちも最終的には会心率10%つくけど
攻撃力が768までしかいかないのでちょっと頼りないかも。


▼そのラスティクレイモアから強化した太刀の試し切りの相手は
狩猟試験のドドブランゴを―

2匹!

正直1匹でも結構強いのに2匹とか勘弁してほしい。
勘弁してほしいぐらいなのに
この2匹がラヴラヴ過ぎてずっと一緒に行動してるんです(;´Д`)

ペイントしてしばらく様子を見てたけどどうにも離れそうにない。
仕方ないので2匹を同時に相手して無理矢理その仲を引き裂くことにした。
…ひどいハンター達だ。


▼とにかく素早い相手なので
他種のモンスターを2匹同時に相手するのと違いかなり戦いにくい。
なんとか1人が1匹を、他の2人で1匹を相手にする状態にすることができても
しばらくするとまた2匹一緒になってしまったり。
なかなかのラブラブぶりだぜ。
某飛竜夫妻も見習ってほしいもんだ。
あ、いや。それは困る!現状維持でいいです。

結構時間がかかってしまったけどどうにか1匹を弱らせて巣に追い込むことに成功。
こうなればあとはこっちのもんでした。

残りの1匹もなんだかんだで巻き添えで
わりとダメージを与えていたみたいですぐに倒すことができた。

2匹同時は結構厳しいけど
元々そんなに大きなモンスターじゃないのでなんとか倒せたというだった。


▼見切り+1で会心率20%なので結構会心が出てた気がする。
斬れ味ゲージは青ないけど緑が長いので申し分なし。

素材がクシャルの街襲撃イベントでしか手に入らないので作りにくいけど
でもそのイベントがあれば素材は簡単に手に入るので
それなりに作りやすい強い武器かも。


≫回復薬高速化を希望します 9分39秒 / 36.8MB
配信終了しました。

紅玉もほしいです

2006/04/17(Mon) 20:28

▼今日はオンで「始まりの唄」を聞くことで行けるようになるあのフィールドと
そのフィールドに出現するあのモンスターの話です。

オフのクリア後の話も関わってくるので、ネタバレOKな人は続きからどうぞー。
続きを読む »

大雷光虫量産工場

2006/04/15(Sat) 22:14

▼ちょいと忙しくて更新頻度が落ち気味のみかみです、こんばんは。
逆にMH2発売からの更新頻度がかなり高かったとも言うので
元に戻りつつあります。


▼先日、今まで謎に包まれていたヤマツカミに初挑戦しました!
モンスターハンターの世界観からして
こいつは“有り”か“無し”かと考えさせられる微妙なモンスターでしたw
もう少しなんとかならんかったものか。

戦闘は近接だと攻撃チャンスが少ないですね。
少なすぎて全然ダメージを与えれていないんじゃないかと思うぐらい。
でもその割には最後はあっさり倒せた。

最後の方では顔から伸びてる触手に攻撃が届くようになるので
そこをずっと狙ってました。
そこがなんとなく弱点のような気がする。
でも落ちてきたときに顔面を斬りまくってたら
こっちはもっと効いてたような気もします。

こいつとの戦闘でも対巨龍爆弾が支給されてました。
使うタイミングは背中に乗ったときですね。
でもこの背中に乗るタイミングがすごくわかりにくい。
乗れたと思っても弾かれることがあります。
一番下の場所で全部のヒレを広げてしばらくじっとしてる時があって
その時だけ乗れました。
他にも乗れるチャンスはあるんだろうか。

とりあえず初見で勝てたのでそれほど手強い相手ではないのかも。


気をつけたい攻撃は主に正面側。
後ろ側ならほとんど攻撃されなかったような。
たまにヤマツカミを中心にしての爆煙攻撃は近接が喰らってしまいやすい。

そして即死確定の吸い込み攻撃。
呼び動作がわかりやすかったと思うので注意していれば避けれるはず。
でも真正面だと危険です。

吸い込まれた先にはきっと某モノマネ師がw

氷属性の大剣がほしい

2006/04/09(Sun) 22:10

▼上位でディアブロス亜種1匹だけを狩猟するクエストがなかなか見当たらない。
温暖期だけなんかな?
他の季節だとメインが亜種で、サブにノーマルのディアブロス…
つまり2匹相手にしないといけないクエストばっかり!

それでもほしい素材を求めて、4本の角に挑戦してきました。
以前の対下位ディアブロスの動画ではボウガンでしたが今回は大剣です。
ディアブロスはガンナーより剣士の方が戦いやすいかも。


▼とりあえずサブターゲットを倒してからメインの亜種をやっちまうことに決定。
ところが、この時のディアブロスはめちゃでかかった!!
でかいということはそれに比例して耐久力もでかい筈で、ちょっと不安になる。

でもやってみなきゃわかりません。
たいちょは早く倒すために大タルGを用意してました。

途中、何度か亜種に邪魔されるものの、なんとかいい感じでダメージを与えていく。
基本的にノーマルより亜種の方が耐久値が高いようなので
開始から20分ぐらいで倒すのが理想的。

ところが、20分経っても「まだ瀕死ちゃうの!?」という状況。
これは2匹とも倒すのは無理かなぁと思いつつも、
ここまできたら獲物を変更するのも勿体無いので戦い続けます。

約30分後、またしても亜種の邪魔をうける。
最初は邪魔が入ると一旦別エリアに非難してました。
でももう時間内にこいつを倒せるどうかも怪しくなってきたんで
逃げずにノーマルだけを狙っていくことに。
特にみんなと相談したわけじゃないけど、なんとなくそういう空気になりましたw
亜種が潜ったときには音爆弾で足止めしてた。グッジョブ!

そして開始から約35分後、ようやく撃破。
うーん、微妙な時間しか残ってない…。
無理することもないので
この後亜種の尻尾を切って、角を折ってから帰ってきました。


▼クリア後、このでかいディアブロスはキングサイズだった!
手強いわけだ。
でも実は亜種も同じぐらいでかかったんですよね。
次来るときは最初から亜種を狙っていこう。


≫公式狩猟試験にこれがあったらどうしよう 11分33秒 / 44.6MB>
配信終了しました。

最近気になった小ネタのまとめ

2006/04/04(Tue) 19:57

▼先日、倉庫で眠っていた風化した双剣を封龍剣【超絶一門】に強化してみました。
双剣には全然興味なかったのですが
これを使えばラオも余裕で倒せるらしいのでとりあえずオフで使ってみた!

以前は鬼ヶ島のLv2拡散弾戦法でも残り時間30秒ぐらいのギリギリだったものが
門のエリアに来てバリスタ数発で倒せてしまうという、とんでもない威力(;´Д`)
それに見切り+1と併用すると攻撃回数の多い双剣は10%でも結構会心が出る。

双剣の斬りまくりはやっぱり楽しいな~。
これからちょっとづつ使っていこう。


▼会心率と言えば見切り+1で10%上昇するようですが
どうも武器に寄って上昇率が違いますね。
10%上がる武器があれば、一気に15%上がる武器もある。

よく見てみるとどうやら切れ味ゲージに影響しているようで
緑ゲージがある武器は10%上昇。
青ゲージがある武器は15%上昇のようです。

でも青ゲージがあって
元から会心率が15%ある武器でもこれは20%までしか上がらなかったり。
また、会心率30%で緑ゲージのマスターブレイドは40%まで上昇してました。


▼そもそも会心って何?と、いまさら思ったので調べてみた。
どうやら会心時はダメージが1.2倍になってるらしいですね。
属性ダメージも1.2倍されるのかは不明。


▼オンラインでひらりんが久しぶりに狩猟笛を使ってたんですよ。
その時、今までは見たことが無かった
『さらに攻撃力強化』や『さらに防御力強化』の恩恵が得られたので
一体どれぐらい上昇しているのか調べてみました。
笛を使ったことがないので何回同じ旋律を演奏しているのかわかりませんが
それぞれ『強化【小】』、『強化【大】』、『さらに強化』と変化している様子。

攻撃力に関しては大剣で864から988まで上昇!
防御力は233から316まで上昇!

なんと攻撃力は124増加で、防御力は83も増加!
笛効果おそるべし!!

そういえば双剣装備して行ったときも『スタミナ消費無効』を発動してもらって
ほぼ常時鬼人化状態というすごい恩恵もありました。
下位でも効果すごかったけど上位ではさらに頼りになる存在かもしれない。


▼謎だった友情スキルについて大体わかってきました。
4人のシンボルカラーが統一されていることが条件のようです。

そして友情スキルが発動すると
例えば『豪腕の赤』で統一されていれば「火事場力+1」が発動。
『豪腕の赤』でも他のスキルが発動することもあるとか?
しかし友情スキルが発動してもステータスには表示されていないので
どういうスキルが発動しているのかわかりにくい。

違うカラーの場合、回復薬グレートが広域化されたり
なんと匠がつくカラーもあるようです。

どのカラーでどのスキルが発動するかは
たいちょが調べていたようなので、そのうちブログに書いてくれそう。
次のページへ
このページの上へ