みかみちゃんねる
毎日何か楽しみを見つけないとストレスがやばい

MT-09 TRACER買っちゃった!

2015/05/31(Sun) 16:36

▼前回のブログ更新したあと、なんか考えがまとまって踏ん切りがついてしまったので
その勢いでMT-09 TRACER買いに行ってしまった!

いやーやばいね。買っちゃったよ!買っちゃったよ!
もうニヤニヤが止まらん。
納車日は6月8日予定。
ヘプコのサイドケースとトップケースも注文したので念願のフルパニア!
でもそっちは入荷にかなり時間がかかるみたい。
ケースはあとからでも全然問題ないので、とにかく早く乗りたい。

そして昨日、入荷されたばかりの自分のトレーサーを見てきたよ!
後ろにいるのが自分の!自分のトレーサー!


やっぱりかっこいい!またニヤニヤが止まらない。
納車当日にも2台並べて写真撮りたいところ。

それにしてもトレーサーは人気すごいね。
2りんかん祭りに行った時、イベントの駐車場で5台は見たし、行き帰りでも5台は見た。
ホントどんだけおんねんってぐらい見たわ。
でも赤色のは全然見なかったなー。
あとヘプコケースのも見なかった。

SSからアドベンチャーに乗り換えたい

2015/05/25(Mon) 09:16

▼今年の3月ぐらいからアドベンチャーへの乗り換えを検討してるわけですが
そろそろ乗りたいバイクが決まってきた。

きっかけになったKTM 1190 ADVENTUREはやっぱり価格が高いのと
初のアドベンチャーとしてはスペックが高すぎて勿体無いと思い諦めた。
なのでVFR800Xでほぼほぼ決まっていた。
でも雑誌かTVかでMT-09 TRACERを見て「あれ?これもありなんじゃ…」って思い始めた。
大阪モーターサイクルショーではデザイン的に微妙だと感じたのだけれど
いろいろ調べてYSPで改めて実車見たらすげーかっこよかったわ。どうなってんだ。
ただシート高が低くしても845mmもあって、自分の身長167cmでは830mmぐらいが限界。
やっぱり足つきがダメかと思いながらも跨ってみたら、ちゃんと両足のつま先が届いてびっくり。
これなら乗れそうで一気に購入候補に上がった。
というかもうこれしかないわ。

最終候補に残った2つのバイクの比較。
車種 YAMAHA MT-09 TRACER HONDA VFR800X
総排気量 846cc 781cc
エンジン 直列3気筒 V型4気筒
最高出力 110PS 105PS
シート高 845 / 860㎜ 815 / 835㎜
燃料タンク容量 18L 20L
重量 210kg 244kg
タイヤ 前 120/70ZR17
後 180/55ZR17
前 120/70R17
後 180/55R17
価格(税込) ¥1,047,600 ¥1,382,400
備考 ○ 価格が安い
○ そこそこ回せる3気筒
○ 重量が軽め
× フロントカウルの防風性に不安
○ 回せる4気筒
○ 燃料タンク20L
× 価格が高い
× 重量が重め
VFR800Xはやっぱり価格の高さが気になる。130出すなら他のにしようかと考えてしまう。
MT-09 TRACERはスクリーンの幅がもうちょいほしいような。高速乗るとどんなもんなのか気になる。

▼そういうわけでもう9割方、MT-09 TRACERに乗り換える方向に決まっている。
問題は今のGSX-R600を降りるのがすげー辛いところ。
そろそろ4万kmに到達してしまうので、もし乗り換えるならそれまでにしたいから
これからのツーリングシーズンを考えると梅雨入り前の今しかない。

1台目のGSX-250FXで高速乗り出してカウルがないとしんどいってことで
大型免許を取ってその当時の憧れだったR600に乗り換え。
そしてR600でのツーリング距離が伸びるほど、車載量が増えるほど
もっと楽に乗れて荷物も載せられるバイクに乗りたくなってしまったから、今の自分のスタイルとは外れてきてはいる。

でもR600はこのL1の白が一番かっこいいと思ってるしこの排気音もノーマルなのに良い音し過ぎて大好きだ。
まぁでもいつかは乗り換えるわけだしなぁ。

R600とMT-09 TRACERの2台持ちしたい…。

【大阪から】能登半島一周キャンプツーリング【GSX-R600】

2015/05/07(Thu) 21:25

▼4月27日から2泊3日で能登半島へ。
キャンプツーは去年からやり始めたのだけれど、天気悪くて全然行けなかったからまだ2回目。
そして今回は2人がキャンプで1人はロッジという初のマスツーでのキャンプでした。

▼今回のキャンプツーでは新たにイスとテーブルを追加。
それ用のキャリアも付けたので荷物の載せ方変わって準備にすげー時間かかった。
集合時間には遅れてしまったけれど、なんとかほぼ時間通りの3時に出発して4時までに高速乗れた。

これで予定通りに着けるかと思いきや、千里浜なぎさドライブウェイの手前の道の駅『高松』に着いたのが11時。
予定より2時間以上の遅れ…なんでや。


各SAで20分は休憩するだろうと計算してたのにそれ以上だった。
やっぱりソロじゃないと予定通り進めるのが難しくなるなぁ。

▼千里浜なぎさドライブウェイ。日本で唯一の波打ち際を走れる道はなかなかおもしろかった。
砂浜への入口のところは砂が硬くないから滑りそうで焦ったわ。


多少海側へ寄っても普通にサイドスタンド立てられるんだと思ってたら全然無理!
スタンドホルダーないと沈みます。


途中でも何度か普通に立てられそうな場所探してみたけれど
これ道の真ん中の一番硬そうなところじゃないと無理じゃないかな。

▼巌門は意外としょぼかった…。
ここより北を走ればそこそこ迫力のある道もあったし、特に寄る必要なかったという印象。


それよりも途中で見つけた機具岩の方がバイクと一緒に写真撮れるしこっちの方が満足度高い。
地図で見た時は夫婦岩は別にスルーで良いかと思っていたけれどすごく良い場所だった。


このあとヤセの断崖まで行く予定だったけれど遅れすぎなので2日目に回して、ここから能登島のキャンプ場へ。
利用したのは能登島キャンプ場米三郎。ここをベースに2日目は一周してくる。


利用料は1000円。ハウスは2500円で布団付き。今回のような1人だけキャンプ道具持ってないメンツでも安心。
それにまだGW本番ではないから他に客がいなくて貸切状態。静かで良かったわ。
ただテント立てる時めちゃくちゃ風が強くて泣きそうだったw

▼2日目の日の出。水田に太陽が反射してなかなかキレイだった。


6時に出発して、まずは昨日寄る筈だった道の駅『とぎ海街道』へ。
ここに世界一長いベンチがある。世界1位なら見ておきたい。


…なんか微妙だった。途中で折れてなくてずっと一直線ならまだ見栄え良かったかもしれない。

次はヤセの断崖へ。
これはもしかしてヤセの断崖からの景色ではなく、違う場所からヤセの断崖を見た方が良かったのでは。
ここからの景色は別に普通だったなぁ。

でもこの隣にある義経の舟隠しは見応えあって良かった。やっぱり場所に纏わるエピソードもあるとおもしろいね。


この先には関野鼻があると思うのだけれど
それっぽい場所が入場料(駐車料?)を払って進まないと全然様子がわからなかったのでスルー。
もう少し進むとそこを背景に写真が撮れた。


きっと関野鼻からのヤセの断崖は景色良いんだろうな。

R249に戻ってからしばらく走るとトトロ岩を発見。これ最初なんだかわからんくて通り過ぎてしまったわ。


次はR249からr38へ入ってゾウゾウ鼻を目指す。
道なりにずっとまっすぐ走ってたらr266へ入ってしまったのに気付かずタイムロス。
これ地図では道なりにまっすぐだと思ってたから絶対間違うわ。
r266とr38の分岐点は狭い道の左のブラインドコーナーの途中で右折。
確か大沢方面への標識が立ってたので右折見逃さないように注意ですね。

ゾウゾウ鼻はそこまで時間削って行くほどのものなのか最後までずっと悩んでた。
でもそこじゃなくて、r38が海沿い出た辺りでなかなか迫力のある道を楽しめた。
撮影スポット探してるうちに撮れなくなってしまったのが残念。

ゾウゾウ鼻の展望台からの景色。


次に道の駅『千枚田ポケットパーク』。そこからの千枚田の風景。
千枚田ポケットパークはキレイな道の駅で観光客が結構多かった。おにぎり美味しかった。


能登島最先端を目指す途中、写真撮りたくなるすげー良い感じの道があった。
こういうのを見ると旅の雰囲気が増して良い。
ここをちょっと走ると展望台があって、そこからの景色も良かった。


最先端の禄剛埼灯台へは駐車場から徒歩10分ぐらいでなかなかの急勾配。
あと、ここは日本列島の中心だという意外な物を発見。


日本のへそに行ったことあるけれどあれとはまた別なのか?
ちょっと興味が沸いたので軽く調べてみたら、日本の中心いっぱいあって吹いた。

次は見附島を目指す。
途中のr28にあった見事な直線。


何度か道を間違えそうになりつつも見附島に到着。
軍艦という感じの存在感すごかったわ。裏側がどうなってんのか気になる。上まで登れるんだろうか。


ここから能登空港を経由してキャンプ場へ戻る。
1日目は焚火しなかったのだけれど2日目は薪を買って焚火。


やっぱり焚火するとキャンプきたー!って感じになるね。火を見てるだけで楽しい。
焚火台ほしくなったわ。

▼3日目。能登島を出たあと七尾城跡へ。
そういえば能登島へ渡るツインブリッジと能登島大橋はどっちも眺め良くて気持ち良かった。
バイクと一緒に写真撮れる場所をもうちょい探したかったな。

七尾城跡は山上遺跡らしいので気になってルートに入れてた。
事前に写真で見た感じではそんなに期待していなかったのだけれど、実際行ってみるとすごく雰囲気良かった。


人がほとんどいなくて鳥のさえずりしか聞こえない静けさがすごく良かった。
本丸跡も開けてて眺めも良くて気持ち良い。薄っすらと能登島大橋が見えたよ。


七尾城跡は本丸までしか見てないけれど、どうやら散策コースは結構広いみたい。
もしまた来ることがあれば歩いてみよう。

あとは道の駅『氷見』で能登丼とかいろいろ食べて砺波ICから帰宅コース。
氷見はかなり大きな道の駅で市場もあるから近くまできたらまた寄りたい。

▼今回のキャンプツーは観光にかなり時間を割いたので、距離としては3日間で1090kmしか走ってない。
おかげでどこも筋肉痛とかならなかった。
たぶんもうちょいちゃんと時間配分すれば1泊2日でも行けただろうな。
たまにはこういうゆっくりとしたツーリングも良い。でも正直言うとちょっと走り足りない。
あと行きはそうでもなかったけれど帰りの高速がすげーしんどかったわ。
やっぱり250ccにペース合わせての長距離は辛いかもしれない。

イスとテーブルは買っておいて大正解だった。やっぱりイスがあると落ち着ける。
バーナーもコーヒー入れたりカップラーメン食べたり、それだけで満足度上がったわ。
次は焚火台だな。

YouTube


ニコニコ動画


▼今回のルートは続きから。

続きを読む »
このページの上へ