みかみちゃんねる
毎日何か楽しみを見つけないとストレスがやばい

初の六甲山

2009/04/25(Sat) 22:23

目的地≫六甲山 六甲ガーデンテラス

▼ツーリングのこと書くの2年ぶりなんだな…去年は確かに全然乗ってなかった。
最近バイクがまた楽しくてよく乗ってます。
これはきっと、たう~のおかげだと思うw
ツーリングの話を読んでてツーリングの楽しさを思い出してきたわけですよ。
たう~ありがとう!w

▼六甲山に行った友達からなかなか楽しい道だったと聞いてて
まだ行ったことなかったんで行ってみることにした。
で、2週間ぐらい前に行ったときはちょっと天気悪かったんで
今回は写真を撮るためにもう一度行ってきた。

▼大阪からだと2号線か43号線で行くのが良さそう。
43号線は流れ速いけどあんまり好きじゃないんだよねー。
一般道なのに速すぎてちょっと怖いのと、バイクだと排ガスが若干気になるw
フルフェイスじゃなかったらあんまり通らないだろうな。
まぁここは時間を優先して43号で神戸方面へ。

▼途中で、そういえば六甲の辺りって海と山が近いから
海から山の方の写真撮ってみるのもいいかなーと思い始めた。
うん、そうしよう。
海沿いで写真撮るのに良さそうな場所が1つしか思い浮かばなかったんで
ポートタワーを目指すことにした。
でもバイクでは行ったことなかったんで場所をよくわかってないw
今回は近いから地図も持ってきてなかったんで
「ポートタワーだからポートアイランドにあるんじゃね?」と思ってポートアイランドを目指す。

…全然違ったw
ポートアイランドへ行くでっかい橋を渡ってる時に右手の方に
ポートタワーが見えて「こっちじゃねぇw」と気付いたw
たまにはこうして探りながらいろいろ走るのも悪くないよね!

ってことでメリケンパークに到着。
バイク用の無料で小さい駐車場があって安心した。

久しぶりに海を見た。対岸にあるのは川崎重工の工場。
右の写真のホテルオークラで見えない辺りが六甲山かな。もうちょい東かも。
 

予定より時間かかってしまったんで、休憩もそこそこにしてすぐ出発。
ここから2号線に戻って95号線に入って、メインの表六甲ドライブウェイへ。

▼表六甲ドライブウェイ楽しいなー。
こういう峠らしい峠を走ったのは初めてかも。
ただ自分にはちょっと勾配とコーナーがきついw
もうちょい緩めでもうちょいスピード出せる方が好きだなぁ。あともうちょい道幅がほしい。
距離もそんなに長くないのでちょっと物足りなさを感じた。
表六甲ドライブウェイを登りきってから
六甲ガーデンテラスに行く道の方が好きだ。
ただこっちはハイカーとか多いからスピード出すわけにはいかんね。

▼六甲ガーデンテラスに到着。
ここもちゃんとバイクの駐車場があってしかも無料。
確かクルマだと有料なので嬉しい。

後ろに見えるのはNinjaとCBRかな?かっこええのう(*´Д`)


平日だったんでそれほどバイクは見かけなかった。
土日祝日になるとやっぱり多いのかな。
でも土日祝日は所々で2輪は規制されてるのが悲しい。

いろいろお店があるみたいだけれど走りに来たのがメインなのでほぼスルーw
おいしそうなソフトクリームも売ってたなぁ。まだ寒いのでまた今度。
テキトーに缶コーヒーを買ってちょっと休憩。

一番眺めの良さそうな場所から周囲をぐるっと撮ってみた。
ちょっと曇ってきたのが残念(´・ω・`)

北側。有馬温泉とかこっちかな。


東側。右に見えるのがバイク停めたところ。


南東側。見える時は大阪の梅田辺りも見えるとか。
 

南側。六甲アイランドが見える。きっと夜景がすごいキレイだろうな。
ただ1人で見に来るのはいろんな意味で勇気がいるわw


南西側。ポートアイランドがうっすらと。


西側。山が続いてます。


六甲山の標高は931mだそうで、眺めがこんなに良いとは知らなかったなー。
ウグイスが鳴いててすごい平和な場所だった。
そしてたまに聞こえてくるバイクのエキゾーストノートw

▼このまま帰るのもなんか物足りないので
ここから東までちょっと走ってみて、下ってきたらいい所で引き返して
表六甲の下りも走ってみて帰ることにした。

82号線を北山公園の辺りまで進んでから引き返してまた登っていくと
16号線と合流する所であっちからすげー速いバイクが走ってきた。
速すぎて車種すら確認できんかったw
んでコーナーをすげーバンクさせて走っていき、一瞬で見えなくなったw
たはー。かっこいいなぁー。
峠ではあんなに速く走りたいとかバンクさせたいとかは思わんけど
かっこよく乗りたいなぁとはすごく思う。
運転上手くなるにはやっぱりバイクに乗りまくるしかないんかな。
サーキットの走行会とか参加してみたいわー。

このあと表六甲を下って帰路へ。
これで丁度お腹いっぱいぐらいで帰ってこれた。

▼ポートタワーへ行ってしかも途中で道迷ったりしたせいで
往復で4時間半ぐらいかかってしまった。
六甲行くだけなら3時間ぐらいで帰ってきたいところ。
距離は約140km。

今度は西六甲も走ってみようかな。
あと峠といえば裏金剛もなんだか良さそう。
でもこっちは今日見かけたような本格的なみなさんが多いそうでちょっと行きにくい。
今のところ一番楽しかった道は和歌山の42号線だなー。
和歌山より近場でここに匹敵する道はないものか。

今回のツーリングで自分の好みの峠道がちょっとわかってきたわ。

あとは峠道の写真もできれば撮りたいところ。
走ってる時は楽しくてなかなか止まれないw
まぁ表六甲は基本的にそんなに道幅広くないから
停車できそうな場所もそんなになかったような…あったような。
次に写真撮るときはその辺も意識しておこう。

今回のルート。

より大きな地図で 2009年4月 兵庫県 六甲山 を表示
関連記事
この記事へのコメント
ヽ(´ー`)ノ

写真キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!w

<ツーリング

お互い近所だったら、連んで行くことが多かっただろうねw
しかも季節的には、これからだから楽しさ倍増だろう(*゜∀゜)=3
問題は通り雨とかぐらいかな?w

<探りツー(何

車と違って、小回りが利くから探しながら走っても面白いよね(*゜∀゜)=3
でも、出来ればナビを搭載したい(´ー` )車で慣れちゃうと無しではキツクなってきたw

<勾配とコーナーがきつい

これは、いろは坂も一緒だね~ヘアピンの連続だった気がするwどーせ昼間に行くから観光バスが居てスピードが出せないからちょうどいいかもしれないwあと猿に注意かな?w

<ニンジャ CBR

いいのぉ~お金があればZZRかニンジャにしたかったけど、カワサキは整備性が悪いらしいので、次回買うときはCBR系かな~w
プラグ交換するのにタンク外すって・・・・(謎

<写真

海と山とは、なんと贅沢な!wこっちは海に出るには片道100㎞以上走らないと出ないのに。・゚・(ノД`)・゚・。w
内陸の悲しい事情である(ぉ

<速いバイク

未だに速いバイクとは遭遇してないけど、止めてある早そうなバイクはたくさん見たw先日のおっちゃんバイクもそんな感じだったし(ぉ
なにはともあれ、怪我無く事故無く楽しむのが一番だよね~転べば自分もバイクも傷つくし(´・ω・`)

<サーキット

バイクは怖くてサーキットは無理かなw車ではそこそこ走ったので走行会はパスかなwおじいちゃんバイクなので無理は出来んのですよw

<峠の写真

たしかに走ってると止まるのが面倒かもw車と違って止まりやすいはずなんだけどね~ついつい先に行きたがってしまうwしかもミクシィの写真は3枚までだし、しかも文章間に入れられないからイマイチ面白く書けないのが難点w

とにかく、おつかされまでしたw
次回も期待しているZEw
2009/04/26 20:02 | たう~
<ツーリング
ホント近所にバイク好きな友達がいないのが悲しいですw
昔1人いたんですけど岐阜に行ってしまって
しかもシビックに浮気してZZRを売ったという…w

ナビがあると便利そうですよねー。
一度ツーリングで思いっきり迷ったことがあるけれど
地図見ながら道に戻れたらナビでは味わえない嬉しさがあったりw

<いろは坂
あっこもきつそうですよね。
ゲーセンの頭文字Dで走ったことがありますw
バスとかいなくてもスピード出せそうにないなぁw

<カワサキは整備製が
まじですか。
でも基本的に4気筒だとタンクとか外さないと
プラグ交換できないって聞きましたぜ?

<海と山
海近いけど海沿いのいい道があるわけでもないので
やっぱり峠道がいっぱいある群馬の方が羨ましいおw

たう~のツーリング日記も期待してます!w
2009/04/26 21:28 | みかみ 耶月
ツーリングいいですね~♪♪

写真だけでも気持ちよさそうなのが伝わります^^

バイクは「特攻の拓」「湘南純愛組」の知識しかないんですが・・・

レプリカ系が好きです^^¥
2009/04/27 15:04 | たつぼん
写真だけでも伝わってますか!w
それはよかったです。
ホントは車載カメラでも積んで撮ってみたいとか思ってますけど
さすがにこれは無理かなぁ。
2009/04/27 23:58 | みかみ 耶月
<ZZR

俺が欲しかった(´・ω・`)w

<いろは

まったり走るのが吉(ぉw
猿もいるしね(謎

<4気筒

ほほー(*゜∀゜)=3
車と違って自分で変えるのが面倒そーやねw

<群馬

まぁーお互い無い物強請りということでw

VTが生きている限り、日記は続ける予定w
つーか2年くらいは保ってもらわないと元が取れない罠w
2009/04/28 09:12 | たう~

このページの上へ